• untitled
  • 日本画(岩絵具、天然染料、金属泥、和紙、キャンバス)
  • ¥65,000
  • 購入ページへ進む
  • 店舗で観てみる
  • 六道とは、地獄道、餓鬼道、畜生道、阿修羅道、人道、天道の六つの世界のこという。人は極楽に往生できないかぎり、この六道を永遠に輪廻しなければならない。この輪廻を断ち切って極楽往生することこそ、人として生まれての最大の目標となる。地獄を連想させるこの作品はその最大の目標を志す入口に観えてくる。

作品詳細

Artist

前田 正憲

Masanori Maeda

作家プロフィール

作家コメント
古典絵画地獄絵巻きの炎の場面を、引用反転し描いた作品です。
作品サイズ
オリジナル
(W95×H328mm)
額装サイズ
W142×H375×D50mm
作家直筆サイン
あり
(作品裏)
納期
入金確認後 10 日以内発送
重さ
0.8kg
特記事項
天然染料を使用しているため、時間の経過により、若干色が濃くなる場合があります。
作品へ衝撃を与える、画面に触る、水をかける等の行為は作品の破損を招くことがあります。
  • untitled
  • 日本画(岩絵具、天然染料、金属泥、和紙、キャンバス)
  • ¥65,000
  • 購入ページへ進む
  • 店舗で観てみたい方はこちら
  • 六道とは、地獄道、餓鬼道、畜生道、阿修羅道、人道、天道の六つの世界のこという。人は極楽に往生できないかぎり、この六道を永遠に輪廻しなければならない。この輪廻を断ち切って極楽往生することこそ、人として生まれての最大の目標となる。地獄を連想させるこの作品はその最大の目標を志す入口に観えてくる。