• 座敷童児
  • 版画(CG、コンピューターグラフィック)
  • ¥25,000
  • 購入ページへ進む
  • 店舗で観てみる
  • 東北地方に古くから言い伝えられる座敷童子、古来より家の守り神として知られています。
    個性的画風と古典的色彩が日本の伝統的美しさに通じているようで高級感さえ感じます。
    御来客用の和室はもちろん、お気に入りの空間にいかがでしょう。

作品詳細

Artist

三日月電波

Mikazukidenpa

作家プロフィール

作家コメント
座敷童子は遠野物語という小説により有名となりました。今では、家の守り神として広く知れ渡っています。5・6歳ぐらいの子供の姿をして大人には見ることが出来ないとされ小豆飯が好物といわれます。「白い姿の座敷童子」は家に吉事をしらせに「赤い姿の座敷童子」は家に凶事の警告に姿をあらわすといわれます。
作品サイズ
オリジナル
(W181×H220mm)
額装サイズ
W260×H320mm
作家直筆サイン
あり
(作品表)
納期
入金確認後 10 日以内発送
重さ
0.2kg
特記事項
時間の経過により、変色や劣化が起こることがあります。
直射日光やエアコン等が直接あたる場所への展示、額装無しでの展示は、変色や作品の劣化を早める恐れがあります。
作品へ衝撃を与える、画面に触る、水をかける等の行為は作品の破損を招くことがあります。
  • 座敷童児
  • 版画(CG、コンピューターグラフィック)
  • ¥25,000
  • 購入ページへ進む
  • 店舗で観てみたい方はこちら
  • 東北地方に古くから言い伝えられる座敷童子、古来より家の守り神として知られています。
    個性的画風と古典的色彩が日本の伝統的美しさに通じているようで高級感さえ感じます。
    御来客用の和室はもちろん、お気に入りの空間にいかがでしょう。