彫刻とは

彫刻(ちょうこく)とは、木、石、土、金属などを彫り刻んで、物の像を立体的に表すことをさします。
硬い素材を彫り刻む技法も彫刻(カーヴィング、carving)と呼び、それに対して可塑性素材を盛りつけて形を作る技法を彫塑(モデリング、modeling)といいます。
彫刻のモチーフは元来、人間や身近な動物などの具体物を表現した具象彫刻でしたが、20世紀になると、心象を表した抽象彫刻も多く制作されるようになりました。
現在では、表現が多様化し、従来の彫刻の概念では収まらないケースもあり、それらを「立体」「立体アート」と呼ぶこともあるほか、表現が設置空間全体へ拡散したものは「空間表現」や「インスタレーション」と呼び分けられます。

彫刻作品一覧