陶芸とは

陶芸とは、粘土を成形して高温で焼成することにより陶磁器などをつくる技術のことをさします。(焼きものとも呼ばれる)
焼きものは施釉しない土器と、施釉した陶磁器とに大別されるが、造形方法には手びねり、型を用いて土の形を整える方法、轆轤(ろくろ)の上に置き手足や機械で回しながら両手で皿や壷などの形を作っていく方法などがあります。
焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もあります。
土の種類やこね方、釉、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献します。

陶芸作品一覧